99%の避妊を目指すなら低用量ピル通販ではじめよう

\90秒で注文完了/低用量ピルの購入はこちら
避妊に悩む女性男にとっても女にとっても重要な性行為。

性行為はコミュニケーションの1つですが、見落としてはいけない危険も潜んでいます。それは妊娠のリスクです。

近いうちに妊娠を計画している、妊娠を目的に性行為しているなどのケースを省けば、基本的に性行為の際には避妊をしなければいけません。

望まない妊娠を避けるために…いろいろな避妊の選択肢

妊娠するにはさまざまな条件が必要なので、性行為をしたからといって簡単に妊娠してしまうわけではありません。しかし、そんな油断から避妊対策を怠り、うっかり妊娠してしまうというケースはこれまでもたくさん発生しています。

現在、避妊対策にも選択肢が増えてきました。その中の一部を紹介します。

コンドーム

日本では最もポピュラーな避妊といってもいいでしょう。

コンドームは性行為中、男性器に装着することで完了する避妊器具です。

ドラッグストアやコンビニなどで簡単に見つかり、1つひとつの価格もさほど高くないことから、幅広い年代の人が手に入れやすいというメリットもあります。また粘膜の直接接触を防ぎ、性感染症の予防に役立ちます。

しかし、コンドームの避妊失敗率は3~14%という数字が出ており、決して万能な避妊方法ではないことが明らかになっています。コンドーム自体に穴が空いていたり、正しい使い方をしないと、コンドームの避妊効果はたちまち下がってしまいます。

また男性主導の避妊方法なので、女性は男性に任せがちになってしまうという点も不安点として挙げられます。

避妊用フィルム

避妊用フィルムは、いわば女性用のコンドームです。水分に溶けるシートを膣内に挿入し、体内で膜を作って避妊を行います。

精子が子宮に侵入するのを邪魔したり、近づいた精子の活動を止めるなどの作用を持っています。

体内に直接装着するので、薬物による副作用の心配がありません。避妊のために医薬品を使うことに躊躇いがある人は、体質との相性を考えるとこちらのほうが活用しやすいケースもあるかもしれません。

デメリットは、避妊失敗率がコンドームと同じぐらいに考えられる点です。いくら副作用の心配がなくても、体質が合わなければ膣内や男性器に炎症が起きることもあります。

また、避妊用フィルムはコンドームに比べて種類が少なく、取り扱っている店舗も限られています。気軽に手に入るアイテムではないというデメリットが挙げられます。

ピル

ピルのイメージ画像ピルは、近年になってようやく活用の広がりが見えてきた避妊経口薬です。先進国ではすでに半数以上の女性が、自身の体のためにピルを愛用しているというデータが出ています。日本にピルが普及するまでには、海外に比べて数十年の遅れがあり、未だに一般的な避妊方法とは言えない状態です。

ピルは、有効成分によって女性の体内を変化させ、妊娠しにくい状態に仕上げます。正しく使用すれば、避妊成功率は99%以上を誇ることが明らかにされており、避妊方法の中でも特に精度の高いものになっています。

女性主導で行われる避妊方法なので、ピルを使用する女性は何があっても自分の体の安全を守ることができます。もちろん、妊娠したいと思った時に使用するのをやめれば、妊娠ができる状態の体に戻れるので安心です。

ピルのデメリットは、一般的に産婦人科で受診してからじゃないと購入できない点と、有効成分を含んでいるため体質的に使用できない人もいるという点です。

医薬品である以上、ピルには副作用のリスクがあります。リスクを避けて安全に使用できるよう、自分の体質と相談して使用する必要があります。

またコンドームなどの避妊器具に比べると、金額も高くなることがほとんどです。

避妊の達人・低用量ピル通販で安心、健康を目指す

ピルにも他の避妊方法と同様にいくつかのデメリットが見られますが、それだけの効果を持っています。ここでは、ピルの中でも特に活用しやすいように作られた低用量ピルという種類に注目していきます。

低用量ピルとは?

低用量ピルは、通常のピルよりも有効成分を少なく配合されて作られたピルです。基本的な使い方としては、毎日服用を続けること。継続的に成分を体内に取り込むことで体の環境が少しずつ変えられ、体への負担を少なくしながら避妊効果を得ることができます。

低用量ピルの有効成分は、合成された黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。これらのホルモンは女性ホルモンとして元々女性の体内で分泌されており、女性の体の発育や生理現象には欠かせない存在です。

低用量ピルの効果

低用量ピルによって人工的に黄体ホルモンと卵胞ホルモンを摂取すると、体が『妊娠した』と勘違いして妊娠状態の環境を作ろうとします。これが低用量ピルの効果です。

妊娠の準備が始まると、体内では排卵や子宮内膜の増殖が抑制され、子宮の入り口付近の粘膜の粘度が高められるなどの変化が起きます。子宮入り口の粘膜の粘度が上がると、精子が子宮に侵入しにくくなり、受精の可能性を低めるという効果につながります。

妊娠は、排卵した卵子が精子と出会い、受精卵になることから始まります。そして子宮内膜に着床した時点で妊娠が成立します。

排卵を抑制されると受精のきっかけがなくなるので、受精卵が誕生することは不可能です。

また万が一受精卵が誕生しても、子宮内膜が着床できない環境になっているため、妊娠が成立しないというわけです。

このように、1日1錠服用することで妊娠のリスクを徹底的に回避するのが低用量ピルの力です。

低用量ピルによるさまざまな副効用

通販を利用する女性副効用は、薬の本来の効能以外にも発生する効果のことです。低用量ピルは避妊効果以外にも、女性の体にとってプラスになる副効用を持っています。避妊薬ではなく、副効用を目的に低用量ピルを使用する人もいるほどです。

黄体ホルモンの種類によって効果の大きさに差が見られますが、基本的にほとんどの低用量ピルに備わっている副効用にはこれらのものが挙げられます。

肌荒れの改善

女性ホルモンは、肌を整える役割を持っています。

低用量ピルで女性ホルモンを取り込むと、ニキビや吹き出物などの肌荒れに効果的です。生理前に肌が荒れやすいなどの悩みにも役立てられます。

生理に関する悩み

重い生理痛やPMS(月経前症候群)など、生理に関する悩みの元になっている物質に作用して、これらの症状を緩和させます。

月経周期を安定化

低用量ピルによってホルモンバランスが安定すると、月経の周期が一定になります。月経を自分できちんと管理できるようになるので、女性にとって安心です。

また、服用のペースを調節すると月経周期を遅らせたりすることもできます。

低用量ピルを飲むときの注意点・副作用

使用禁止対象

次の項目に該当する人は、基本的に低用量ピルの使用はできません。気になる人は、使用する前に医師に確認をとってください。

・35歳以上で、1日15本以上の喫煙をする

・妊娠中、また妊娠の可能性がある

・手術前の4週間以内~手術後の2週間以内

・乳がん、子宮頸がん、子宮内膜がんなどのエストロゲン依存症悪性腫瘍

副作用

低用量ピルは副作用が起こりにくいですが、次のような軽度の症状が見られることがあります。これらの症状は低用量ピルの服用初期に現れることが多く、服用を続けていく中でほとんどが治まっていきます。

症状が一向に治まらなかったり、悪化したりする場合は病院で診察での受診がおすすめです。

・不正出血

・むくみ

・頭痛、腹痛

・乳房の張り

・過敏症

また、まれに見られる重度の副作用として血栓症のリスクが挙げられます。初期症状には手足のしびれ、激しい胸の痛みや頭痛、ろれつが回らなくなるなどの様子が見られます。血栓症の初期症状が見られた時点で、早急に病院で診察を受けてください。

低用量ピルを使った人の口コミ

HARUKAさん

彼氏のコンドームの使い方が下手くそすぎて、エッチの時はよくイライラしてます笑。手付きが不器用だし、入れるまでに触りまくるからゴムが破れてないかハラハラするし。

わたしがピルを飲むようになってからは、あまり気にならなくなりました。だって、コンドームでしくじってたとしてもピルで避妊できてますからね。エッチの時に何かと心配するのはめんどくさいし、手っ取り早い避妊ならピルがいい。毎日飲むのは面倒だけど、結果的にその何倍も得してると思います。

ルナル菜さん

前にピルで吐いちゃったことがあったので、軽くトラウマになったんですけど、最近になって別の種類の低用量ピルを飲んだら全然平気だったのでびっくりしました。同じピルでもこんなに違いがあるものなんですね。

思っていたよりもピルは安全なものなので、変な誤解をしている周りの人にも知ってほしいです。自分に合うものを選んで使うことが大事だと思いました。

名無しさん

すでに3箱分のピルをだめにしてしまった私です泣

どうしても飲み続けるのが難しい…気づいたら3日ぐらい飲まずに放置していることがざらにあるので、ウワーッてなってしまいます。一度も一ヶ月分を飲みきったことがないっていう(´;ω;`)

お金ももったいないので、もうピル飲むのやめようかな…と思うんですけど、諦めるには惜しい効果がいっぱいあったんですよね。次の周期こそ頑張って飲み切りたいです!

いろいろな低用量ピル

通販を利用する女性ひとくちに低用量ピルといっても、いろんな種類が作られています。その違いは成分量の変化と、配合された黄体ホルモンの種類にあります。

低用量ピルは成分量の変化に合わせ、1相性・2相性・3相性に分けられます。

1相性は、1シート内の錠剤の成分量がすべて一定になっていること、2相性と3相性は1シート内の錠剤に2段階、3段階の変化があることを意味しています。

1相性の場合、1シート内の錠剤がすべて同じなので、服用順番を間違えることなく簡単に使用できます。

2相性や3相性のように成分量に変化がある場合、1シート内の錠剤の服用順番が決まっているため、間違えないように注意する必要があります。しかし、わずかなホルモンの変化にも対応してくれるので、より副作用が起こりにくいという利点があります。

自分の使い方や体質と照らし合わせて、ぴったりの低用量ピルを見つけましょう。

トリキュラー

有効成分:エチニルエストラジオール、レボノルゲストレル

3相性ピル。21錠タイプと、7錠分の偽薬を含めた28錠タイプ。

服用方法

21錠タイプ…1日1錠、水かぬるま湯で21日間服用する。22日目から7日間は休薬期間に入り、29日目に新しいシートの服用をスタートする。

28錠タイプ…1日1錠、水かぬるま湯で28日間服用する。22日目からは7錠分の偽薬を服用し、29日目に新しいシートの服用をスタートする。

マーベロン

有効成分:エチニルエストラジオール、デソゲストレル

1相性ピル。21錠タイプと、7錠分の偽薬を含めた28錠タイプ。

服用方法

21錠タイプ…1日1錠、水かぬるま湯で21日間服用する。22日目以降は7日間の休薬期間に入り、29日目に新しいシートの服用を開始する。

28錠タイプ…1日1錠、水かぬるま湯で28日間服用する。22日目からは7錠分の偽薬を服用し、29日目に新しいシートの服用を開始する。

ヤーズ

有効成分:エチニルエストラジオール、ドロスピレノン

1相性ピル。超低用量ピルともよばれる。4錠分の偽薬を含めた28錠タイプ

服用方法

1日1錠、水かぬるま湯で28日間服用する。25日目から4錠分の偽薬を服用し、29日目に新しいシートの服用を開始する。

女性の生活を快適に。低用量ピル通販を活用してみよう

通販を利用する女性低用量ピルは、避妊や女性特有の悩みに対して確かな効果を持っています。

しかしもっと簡単に手に入れることができれば、より便利な方法になるのではないでしょうか。

産婦人科に行く時間がなかなかとれない、医療費が高い、周囲にあまり知られたくない…このような点で悩む女性におすすめなのが、通販の利用です。

低用量ピルは、個人輸入代行という海外からの商品の取り寄せで購入できます。通販で医薬品を購入することに不安を感じる人もいますが、個人輸入代行は合法行為として認められているので、安全に活用できます。

海外に直接注文をするのではなく、海外への注文を代行してもらう方法なので、特別難しい手続きは必要ありません。

また、産婦人科で購入するときより安くなっている低用量ピルもあるので、医療費を抑えたい人にもおすすめです。

低用量ピル通販は、今すぐにでも始められる便利な方法です。女性のいざというときの味方に、利用してみてはいかがでしょう?

低用量ピルの購入はこちら

女性の毎日の味方!生活のお供に低用量ピル通販
タイトルとURLをコピーしました